GA将?開発日記~王の理とは~

ネタ勢最強を目指して絶賛開発中。

5五将棋用連続対局サーバの機能追加、ほぼ完了

 えー、まず以前の記事の訂正から。

 「Winboard」がShokidoki/Limaの使用しているプロトコル名だと思ってましたが、正式には「xboard」みたいです。もともとUNIX用のXBoardというチェスのGUIがあって、それが使用していたプロトコルが「xboard」。で、XBoardのWindows移植版がWinBoardという名称みたいですね。

 んで、そのxboardのエンジンを連続対局サーバから呼び出すのは、多分出来る様になりました。エンジンが異常な挙動をする*1事は無くなりましたし、GA将と連続対局させてもまぁ妥当な勝率になってます。

 現時点では、Fairy-Stockfish/Shokidoki/Limaをスパーリング相手にしています。エンジンのダウンロードは下記サイトから行いました。(Fairy-Stockfishのみ、少しソース修正して自前でビルド。)

github.com
hgm.nubati.net
sites.google.com

 Limaに関しては、おそらくUEC杯版とほぼ同じバージョンが公開されていると思われますので、まぁこっちは大丈夫でしょう。

 ただ、Shokidokiですが、公開版には定跡が入っていないのか、古い版なのかは分かりませんが、かなり弱いです。第11回UEC杯版とほぼ同じ棋力のGA将?が8割がた勝っちゃってます。

 それと、Shokidoki/Limaはスレッド数を指定しても無視してシングルスレッド探索になっているっポイんですが、これに関しては原因不明。現在調査中です。

 まぁ、スパーリング相手としてはシングルスレッドでも十分強いんで、このままでも良いかな、とは思っていますが。

*1:Illegal Moveを返すとか、反応しなくなるとか