GA将?開発日記~王の理とは~

ネタ勢最強を目指して絶賛開発中。

厳しいなぁ

 覚悟してた事ではありますが、カーネル法評価関数はかなり重いです。

 どれくらい重いかと言うと、線形評価関数だと24時間あたりの対局数が数万だったんですが、探索等の条件はそのままでカーネル法評価関数に変えると、対局数が数十にまで減ります。

 んで、カーネル法評価関数内部で使用するハッシュ表*1のサイズを小さくした上で探索をしない様に変更して、それでやっと線形評価関数と同等程度の速度になりました。

 静止探索無しで学習させてちゃんとしたパラメータになるのか不明ですが、その辺は実際にLesserkaiやsspと対局させてテストするしか無いですね。

*1:過去の局面の特徴量や係数を保存するのに使用する